近年、インターネット関連のインフラ整備が進み、ビジネスの可能性がさらに広がったと言われる反面、インターネットを通じたビジネス競争は、今後ますます激化していくものと思われます。
メディアを現状のまま何も手を加えず運営していくことは、集客率と利益率の両面で損失を招き、ひいては事業の存続そのものを脅かす原因となることが懸念されます。

本来、安定したメディア運営を維持するためには、定期的なメンテナンスやカスタマイズ、場合によっては新しくメディアを作り変えることも必要です。
しかしそれらを委託する場合、資金力の乏しい個人ブロガーは特に、その費用を捻出できないという大きな課題がありました。

そこで私たちは、『今あるものを未だないものへ』をコンセプトに、当時アフィリエイト仲間だったメンバーでビビンコム株式会社を設立しました。

Bibincomは、誰もが簡単に手に入れられるような身近な素材やツールに独自のアイディアを組み合わせ、低コストでありながらも最高のパフォーマンスを発揮することを目的に結成した組織です。
社名は、九州南部の方言、ビビンコ(肩車)と、英語のcompany(会社)が由来しており、『お客さまのアフィリエイト収益の底上げを手助けする会社でありたい』という願いが込められています。

設立当初は、実体験をもとにしたアフィリエイター目線での戦略を武器に、安価で収益性の高いサイト制作を行っていましたが、現在はユーザビリティと収益性に特化した、スマートフォン向けのSSP(Supply Side Platform)の開発に注力しています。

また、当社は次世代を担うアフィリエイターや起業家の指針となるべく、SOHO(Small Office/Home Office)スタイルから始まり、2016年からはノマドワーキングスタイルを導入し、オフィスや固定電話のない新しい働き方を実践してきました。
その分、何よりも結果が求められることを自覚し、社員一同一丸となって、全力で事業に取り組んでいます。

変化が激しいこのインターネット業界で、時代の流れと共に姿かたちを変えながらも、これまで続けることができているのは、日頃より当社を支援してくださる皆さまのお陰です。

私たちはこれからも、関わる全ての人々に相乗効果をもたらす企業であり続けるために、より一層の精進を重ね、成長してまいります。
今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

Bibincom株式会社
代表取締役社長